上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、新生アカミネを率いる川島監督の紹介です。
2010年12月より、子供たちを熱血指導いただいています。
過去7年間、アカミネのコーチとしてご指導いただいており、アカミネのことは熟知していらっしゃいます。
野球理論、ルールの熟知に関しては、鴻巣市の中でもダントツの監督です。子供たちもしっかり学んでね。

「野球が好きになり末永く野球を続けてもらいたい」
誉めるを基本に、明るく、楽しい野球を目指しますが、もちろん規律、礼節、秩序には厳しく指導していただいています。

kan4.jpg

kan1.jpg

笑顔と活気があふれます。

kan3.jpg

子供たちの目線でお話していただいています。教えてもらったことは将来必ず役に立つはず。

指導の方針は、、

小学、中学、高校、大学と好きな野球を続ける上で、その入り口である少年野球は、怪我を出来る限りしないよう、基本の動きを教え、理解させる必要があると考えています。理解とは、頭で判って、自発的に動けることです。その為には、「百聞は一見にしかず」、やって見せることが第一です。その後、練習はその繰り返しと応用になります。ユニホームが似合う選手、動作がカッコいい選手になって欲しいものです。また野球が対戦競技である以上、大会がある以上、大会には勝つんだという気持ちをもって臨んでもらいたいものです。最大の力を発揮できるように練習を積み重ね、結果が出るように努力します。練習は教え&褒めながら、厳しく。大会は楽しくがモットーです。勝てば子供達の努力の賜物。負ければ指導者(監督)の責任、力不足です。試合(勝負事)は、勝つ事を目指すのが当たり前、しかし、結果だけを求めるのではなく、状況、経過を楽しむ選手、チーム、保護者、指導者になっていただきたい。
 また、野球を通して家庭では経験できない社会生活を体験し、将来社会人として世の中に役立つ立派な人間に育てていく、人間的成長の一助となりたいと考えています。「協調性」「積極性」「体力」「精神力」「忍耐力」「礼儀礼節」を育成するとともに、日常生活においてもそれらがしっかり発揮できるよう、指導していきます。
 「子供が練習に元気一杯で出かける」また、卒団時に「アカミネに入っていて良かった」と振り返ることのできるチーム作りを目指します。
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akamine09.blog63.fc2.com/tb.php/11-922e2957
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。