上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さあ、北部リーグ3日目。 6年生にとっては最後の試合。
相手は秋の鴻巣市を制した 田間宮ビーバーズさん。

思いっきり野球を楽しんで欲しいですね。
hoku3_1.jpg
後攻のアカミネ
1回表。無失点のスタートです。(いつぶりでしょう、1回表に0をつけたのは?)
hoku3_2.jpg
キリ ナイスな立ち上がり。

1回裏、先頭のタイキがデットボールで出塁。
hoku3_3.jpg
足でかき回し、2アウト3塁。

hoku3_4.jpg
ここで4番 イッチー。
左中間に落とし、先制です。


その後もしぶとく出塁し追加点を加えます。
hoku3_5.jpg

hoku3_6.jpg

hoku3_7.jpg

相手攻撃のノーアウト1,2塁、セカンドライナーから4-6-3のトリプルプレイも飛び出します。

最後の試合、声もよくでていました。
hoku3_8.jpg

期待された、キャプテンの大会2発目は不発でしたが、
hoku3_9.jpg
(いっぱつ狙えといわれても・・・)

hoku3_10.jpg

6-2で勝利。有終の美を飾るナイスゲームでした。 おつかれさま。

hoku3_11.jpg

いつもあかるく仲の良い仲間たち。

さて、午後は大人の野球大会。

hoku3_12.jpg
hoku3_13.jpg
hoku3_15.jpg
hoku3_14.jpg
hoku3_16.jpg
hoku3_17.jpg

試合ですが、1回戦の田間宮戦はエース・アイランドフィールドが、相手から反則~ といわれながらも
高校球児らしい快投をみせ、0-0でサドンデスへ。
ここで、トオルのセンター前から流れを呼びこみ、一気に4点を奪い接戦を制します。
決勝のりんどう戦は、リードを奪われる苦しい展開も、最終回表に 会長カンタの3塁打などで3-3の同点。
裏も2アウト1塁。サドンデスを意識したときでした。
キャッチャー・アイランドフィールドから宴会部長への送球がそれ、外野をボールが転々と。
(相手の胸になげろ!、体でボールをとめろ!バックアップだ!)はどこへ・・・
なんともいえないサヨナラ負けです。ま、でも野球を存分に楽しんでいる姿はみせられたかな。
楽しいひとときでした。

さてさて子供の野球は結局、りんどうさんに得失点差で及ばず2位。
でも、春夏優勝の松少さん、秋優勝の田間宮さんに勝利する堂々の結果です。

hoku3_18.jpg
閉会式では準優勝カップを受け取ります。
 
hoku3_19.jpg
最後の行進。

hoku3_20.jpg
笑顔・笑顔の選手たち。

hoku3_21.jpg
6年生もそれぞれ逞しくなりました。

hoku3_22.jpg
長い間、応援ありがとうございました。
スポンサーサイト
前日の雨で急遽、吉見グランドから北小、赤一小で開催することになった北部リーグ2日目。
幹事チームの田間宮さんも手配に奔走していただきました。

アカミネの第1試合はシャークスさん@北小です。
hoku2_1.jpg

2番タイキがヒットで出塁。
hoku2_2.jpg

3番キリが続いてランナーをため、4番イッチーの先制タイムリーです。
hoku2_3.jpg

さらにリョウマがお手本のようなスクイズを決め、
hoku2_4.jpg

ケントはレフト線へ技ありのヒット・・・
hoku2_5.jpg

この回、9者連続出塁で6点。
hoku2_6.jpg

2アウト後にキリの貴重な3中間へのタイムリー2ベースが飛び出し、一挙8点先制です。

アカミネ先発はイッチー。
hoku2_7.jpg

大量リードに油断したでしょうか? 制球に苦しみます。3点をすぐに返されてしまい、
ケントを早々にマウンドへ。
hoku2_8.jpg

後続を押さえ、何とかリードを保ちます。
追加点の欲しいアカミネ。
hoku2_9.jpg
リクトの右中間への2ベースが生まれ、上位打線へ。
絶好機を相手のファインプレイに阻まれ、いやな流れに。

ケントも制球に苦しみ、イッチーが再びマウンドへ。
最終回、ノーアウト満塁としところで、
公式戦初マウンドのタイキにスイッチ。
hoku2_10.jpg

なんとか、逃げ切りました。(ふーっ)

第2試合は赤一小に移動して、りんどうさんとの一戦。
hoku2_11.jpg

先発はエース・キリ。
hoku2_12.jpg

1回2アウトまでは良かったのですが、レフト前のポテンからあれよあれよと3点先制されます。
まさに今年のアカミネは1回が鬼門でした。
その裏、ハルキの足で1点を返しますが、追加点を許し・・・

アカミネ最大のチャンスは4回。2・3塁から、タクミのバットからアカミネ初ヒットがタイムリーとなります。
hoku2_13.jpg
しかし、おいつくことは出来ず・・・ 秋のリベンジならずでした。

hoku2_14.jpg

つぎは泣いても笑っても最終戦。思いっきり小学生野球を楽しんでほしいです。




いよいよ、6年生にとっては最後の大会、北部リーグが開幕です。
今回は変則の3日間開催。6年生は野球を十二分に楽しんで欲しいですね。

hoku1_1.jpg

今年の北部は猛者ぞろい。春夏、鴻巣市を制した松少ファイターズさん。秋大会優勝の田間宮ビーバーズさん
県大会出場のりんどう・・・と、まさに北部黄金時代。最後に制するのは 果たして??

アカミネの第1試合は松少ファイターズさん。
一年間、目標にしてきたチームです。
hoku1_2.jpg

1回表、松少の攻撃。

hoku1_3.jpg

フォアボールで出たランナーを丁寧にサードまで進めて2アウト3塁・・・ 
なんとここでディレイドフォームスティール!
見事に決められました。1点先制を許します。

動揺したでしょうか? ここから、四球がらみでランナーをためられ、6番バッターのワンヒットで2点追加
さすが松少という攻めを見せつけられました。

hoku1_4.jpg
しかし、アカミネも1回裏、ツーアウトランナーなしから
ハルキに文句なしのホームランがでて、競り合いに持ち込むことに成功です。

hoku1_5.jpg

4番イッチーも技ありヒット(本人大満足)で続きますが、追加点を上げられません。


hoku1_7.jpg
その後は、松少の技巧派サウスポー(彼には昨年の春からアカミネはやられっぱなし。)に上手く封じられ、

hoku1_6.jpg

チャンスをつくるも、キリのあたりは伸びすぎてライトライナー

時間的にも最終回となりそうな5回表。
松少に追加点を奪われ、万事休すか・・・

その裏、先頭のタイキがセーフティバントを決めると
hoku1_8.jpg

相手内野陣が乱れはじめます。

hoku1_9.jpg
なにかもってる男、ヒラケンのあたりが内野の乱れを誘い、ついに同点。
(この回、クリーンヒットはイッチーの1本だけ)

さらに、フォアボールで満塁。
ここで、チャンスが呼ぶ男、リクト。
hoku1_10.jpg

芯で捉えた打球が三遊間へ。ショートおさえるもどこにも投げられず・・・
hoku1_11.jpg

サヨナラ勝ちです。
ついに、松少に勝利。これまで、最終回に追いついても勝ち越せなかった壁を見事に破りました。 

※リーグ戦なのでサヨナラはなかったのですが、審判、役員、ベンチともに気づきませんでした。ドンマイです。
荒川河川敷のコスモスが満開を向かえ、10月30日、今年もコスモスアリーナで新人戦の開幕です。
今年は人数が少なく単独で出場できないチームが合同チームを結成するなど、
いままでの24チームから19チームに減少。鴻巣の少年野球も大きく変わろうとしています。
ドローによっては、2試合目のチームと1試合目のチームが対戦するなど、
勝ち進むにはドロー運も大事な要素に。(1投手 1日21アウトまでというルールはそのままです)

アカミネは2回戦からの登場。
相手は鎌新ジョーズさん。

shin1_1.jpg
アカミネ先発はタカフミ。公式戦初マウンドです。

1回表、守りのミスから1点を先制されますが、堂々のピッチング、三振の山を築きます。

アカミネ、1回裏の攻撃から打線爆発です。
shin1_2.jpg
shin1_3.jpg
2年でスタメンのケンジロウも堂々のバッティング。

shin1_4.jpg
ショウタのセンター返し。見事です。

shin1_6.jpg
ケイもしっかりスイング。

shin1_7.jpg
6年生も応援です

shin1_5.jpg
shin1_8.jpg

アカミネ毎回得点で12-1で5回コールド勝ち。投打が噛み合い快勝です。


つづく11月3日(祝) 3回戦。
対戦相手は、ウィングスと三笠、人形ベアーズの3チームが合併したチームとの対戦。
2回戦で昨年新人戦の覇者・吹小ライナーズを破り、勢いがあります。

1回表に1点を先制。この試合も先発はタカフミ。
shin2_1.jpg

上々の立ち上がりで、流れはアカミネに。

2回表、下位打線がしっかり出塁して、1アウト満塁。
shin2_2.jpg
shin2_3.jpg

一気に試合を決めにいけるか?
shin2_0.jpg

アサヒ、ナイスバッティングでしたが、ライナーはセカンド正面。ダブルプレイでチャンスを逃します。

勝利の女神は、気まぐれです。

shin2_4.jpg
その裏、相手のスクイズ失敗が、アカミネのミスを誘い、さらにミスが重なって、4点を取られ逆転。

shin2_5.jpg

一度失った流れを取り戻すチャンスもありましたが、走塁ミスで流れがつかめず。逆に突き放されます。

そんな中、コウセイ。2打数2安打1四球の活躍で最後まで食い下がります。
shin2_6.jpg

しかし1-7。悔しい敗戦となりました。
shin2_7.jpg


ひとつのバント、ひとつの送球、ひとつの走塁。
勝利の女神から見放されてしまうプレイはいつ起こるかわかりません。

練習のときから、いかに試合を意識し、自分にプレッシャーをかけながら練習ができるか。
この冬、5年生以下の選手たちのがんばりに期待しましょう。
粘り強く、しぶとく、そう”したたかさ”が身につけば、必ず優勝争いに絡めるはずです。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。