上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アカミネ、2年連続の新人戦ベスト4進出。さあ準決勝の試合が始まります。
昨年は娘の七五三で写真が撮りにいけず。記事が書けませんでしたが(活躍した
選手には申し訳ない!)今年は大丈夫。思う存分暴れまくって決勝進出を目指してね。

さあ、宮本さんとの準決勝のプレイボールです。
shin3_1.jpg

アカミネの先発はケント。
shin3_2.jpg
1回の表を0点に抑え、最高の出だしです。

1回裏にアカミネは1アウト3塁のチャンスをもの出来ず、両チームの緊張が
感じられる試合展開に。
2回表、1点を先制されますが、ハルキが好リリーフ。
shin3_3.jpg
追加点を与えません。

こうなれば逆転のアカミネ。 

shin3_4.jpg
リクト、レフト線ツーベース!
でもまたもや1アウト3塁が得点できず。いよいよ重苦しい雰囲気に。

shin3_4_2.jpg
タクミ、センター前でチャンスを広げます。
でもチャンスに一本が・・・
1点の重みがずっしりとのしかかったまま最終回に。

3たび、1アウト3塁のチャンス。
ここで主砲ハルキがやってくれました。
shin3_5.jpg
レフト頭上を襲う同点タイムリーツーベース。

shin3_6.jpg
さらにヒラケンがヒットで続き、
バッターはリョウマ。昨日の再現です。
昨日スクイズを外された記憶も鮮明に残っているでしょう。

shin3_7.jpg
高めのボールでしたがきっちりスクイズを決めました。
あっぱれ!
2?1で連日のサヨナラ勝利です。またまた感動をありがとう。

フラワースタジアムに移動して、いよいよ決勝戦。
相手は、こちらも一点差を勝ちあがってきた、吹小ライナーズさん。
開会式前に他のチームの子供たちの輪に入って、声出ししていた元気いっぱいの監督が率います。
shin3_8.jpg

アカミネ先発はヒラケン。公式戦初マウンドに登ります。
shin3_9.jpg

試合は・・・・ 
shin3_10.jpg

みんなで応援、がんばりました。
shin3_11.jpg

アカミネ最終回。バッターボックスにタイチ。公式戦初打席。
shin3_12.jpg
ここまでチームを支えてくれていたタイチに今日一番の声援です。

shin3_13.jpg
残念ながら負けました。吹小ライナーズさん、とてもいいチームでした。
アカミネの選手たちもいい目標ができましたね。
負けた瞬間、後輩たちのために6年生が流した涙が、チームスポーツの素晴らしさを
改めて感じることができました。さあ、またみんなで練習です。

shin3_15.jpg
表彰式。準優勝カップが授与されました。(次は一番大きいやつを)

shin3_16.jpg
ひとりひとりに銀メダルがかけられ、ちょっと誇らしげでしょうか。
shin3_17.jpg
アカミネジュニアも良い経験になりましたね。
刺激を受けたコウセイはさっそくベストナインを目標にかかげていました。

shin3_18.jpg
集合写真。いい笑顔です。あっぱれ!アカミっこ!

監督、コーチ、ご父兄の皆様も、本当にお疲れ様でした。(のどは大丈夫でしょうか?)

shin3_19.jpg




スポンサーサイト
穏やかな秋晴れのもと、新人戦2日目を迎えました。
2回戦の相手は馬室イーグルスさんです。
今日も、アカミネは後攻です。

shin2_1.jpg
先発はケント。
立ち上がり制球に苦しみ(ソフトボールのプレートが気になったでしょうか?)
ますが、なんとか1回2回は0点でしのぎます。

逆にアカミネはそつのない野球で1点ずつとり、2点のリードを奪います。

shin2_2.jpg
リョウマ、ナイスセンター前!

3回表にフォアボールとエラーが重なり3点を失い、いやな流れになりかけました。

しかしその裏。
フォアボールとエラー、そしてヒットで同点。さらに2塁3塁のチャンスで
主砲ハルキ。

sin2_3.jpg
やってくれました。右中間を破る2点タイムリースリーベース。
さらにイッチーのスクイズで、一挙この回4点をとり逆転に成功。

ケントをリリーフしたハルキが要所を絞め、ゲームセット。

shin2_4.jpg

チーム名  1  2  3  4  5  計
馬室イーグルス  0  0  3  0  0  3
アカミネ  1  1  4  0  ×  6
2回戦突破です。

つづく3回戦は 生出塚さんとの対戦となりました。
この試合も後攻。なにかやってくれそうな予感。。

shin2_5.jpg
先発のハルキ。やや制球に苦しみ、2回に先制を許します。
しかし取られた直後に、アサヒのスクイズ。アサヒの好走塁で2点を奪い逆転。

shin2_6.jpg
今日のアサヒは動きが良かった。攻・走・守、大車輪の活躍をみせました。

安心したのも束の間、すぐに2点を取られ逆転を許し、その後試合は硬直状態へ。

アカミネにとっては時間との戦い、
相手エースにとっては規定投球回数との戦いになりました。

ハルキをリリーフしたケントのテンポ良いピッチングが光り、
6回に入ります。

shin2_7.jpg
相手はピッチャーの代わりばなを、ヒラケンが捉え、ライトが後ろにそらす間に
3塁まで激走。
1アウトからハルキの2ベースが飛び出し同点。
さらに3盗。時間的にもサヨナラのチャンス。
ここでスクイズをはずされましたが、相手の守備の乱れがでて、なんとサヨナラです。

shin2_8.jpg
(興奮して、気がついたときには、ハルキがホームインした後でした。)
チーム名  1  2  3  4  5  6  計
生出塚  0  1  2  0  0  0  3
アカミネ  0  2  0  0  0 2×  4
またまた、感動的なゲームになりました。
こういう試合をものにするのがトーナメントでは一番大きい。
明日も、ビックウェーブが起きそうな予感。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。