上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.10 春本番
満開の桜。まさに春本番の暖かな陽気。
春季大会2日目。2回戦から登場のアカミネにとっては春本番です。

対戦相手は、ヤングパワーズさん。新人戦の準々決勝の再現です。

気合が入って、いざ 出陣
春1

先発はエース・アツシ 上々の立ち上がり。 
春2
下位打線にやや投げにくそうでしたが、気迫のピッチングで0行進。

相手のエースも好投です。
春3
秋よりも一回り大きくなったでしょうか?
制球が良く、アカミネはヒットが出ません。

均衡を破れたのは4回表。
フォアボールとラッキーなあたりが続いて1アウト満塁のチャンス。
このド緊張場面で見事にリョウマがスクイズを決めてくれました!!
春4
(思わず写真どころではなかったのです。リョウマのほうが冷静でしたね)
さらにユウタのアカミネ初ヒットとなるタイムリーでこの回2点先制です!

しかし、しかし、、 5回裏。 下位打線にフォアボールを出したところからでした・・・
3点を失い、逆点を許します。
ふたたびアカミネに流れは戻ってくることはなく、ゲームセット。

春5
最後まで全力で戦いました。グットルーザー(良い敗者)でしたよ。
練習の成果が発揮できず結果は残念でしたが、これが勝負の世界です。

スポーツは負けた時の態度、次に向う姿勢がもっとも大事です。
まず、好投の相手ピッチャーを称えましょう。
そして、次にあのピッチャーと対戦したら、どう打つかを考えながら素振りです。
「グットルーザーたれ!」スポーツ選手として大きく飛躍するために。

追伸。
この試合、インフィールドフライで進塁という、とっても珍しいプレイがあり、
勝敗をも大きく左右するプレイになってしまいました。
今後のためにと思い調べたところ、
・インフィールドフライが宣告されてもボールインプレイ。バッターは宣告時点でアウト。
・走者は離塁しても進塁してもよいが、その飛球が捕えられれば、リタッチの義務が生じる。
・飛球が捕えられなかった場合、バッターはアウトになっているため、
 走者に対してフォースプレイではなくなる。=タッチが必要。。

プロ野球でも故意落球した達川捕手がフォースアウトと勘違いし、タッチせずに
サヨナラ負けを喫したというシーンがあったそうです。
こんどああいうシーンがあったら、「タッチプレイ!」 合唱しましょう!

(ちなみにこのときに正確にジャッジした審判は表彰されたそうです。
 あの2塁審判もスゴイ)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。